すそわきがの治療のためにアポクリン汗腺を取り除くなどの手術の方法もありますが、いったいどれくらいの料金がかかってしまうのでしょうか?すそわきがの手術にかかる料金の費用相場についてまとめてみました。手術のメリット、デメリットも合わせてご紹介いたします。

すそわきがの手術にかかる料金は数万円〜数十万円

すそわきが治療は、色々な方法があります。ワキガの原因となるアポクリン汗腺と取り除く切開手術、ボトックス注射、超音波吸引法などなど。治療をするクリニックによって料金も様々です。すそわきがの各治療の料金の相場をまとめてみました。

超音波吸引法 料金相場 30万円〜40万円

脇を1cmほど切開をして、その切開した部分に超音波メスで、アポクリン汗腺を破壊、吸引する方法が超音波吸引法です。すそわきがの手術をする場合はこの超音波吸引法が主です。

超音波吸引法は、アポクリン汗腺に反応する超音波でアポクリン腺を破壊するため、医師が直接アポクリン腺を見て取り除いているわけではありません。

ですので、アポクリン腺がちゃんと取り除けなかったりするので、手術をしても再発する場合があるのを頭に入れておきましょう。

ボトックス注射治療 料金相場 8万円〜

汗が分泌されるアポクリン汗腺、エクリン汗腺から汗と抑制させる効果が期待できる「ボトックス」と呼ばれる薬剤を使った治療方法です。意外と有名なわきが、すそわきが治療なので、一度は耳にしたことがある治療法ではないでしょうか?

ボトックス注射は手術より簡単ですので、手術のことを考えると気持ち的に楽な治療方法です。しかし、デメリットもあります。効果な約半年ぐらい、副作用が出てしまう可能性がある、わきがに全く効果がない場合があるなどなど。

レーザー治療(電気凝固法) 料金相場 20万円〜

切れないわきが治療と有名な手法のレーザー治療(電気凝固法)。この治療方法は、毛穴に針を挿入して、熱でアポクリン腺を固めるといった方法です。脱毛などをされている方は、馴染みある治療方法です。

レーザー治療は、皮膚を切開しない治療方法ですが、1度の治療ですそわきがの匂いを抑える効果がなかなか出ないので、数回レーザー治療を行わないといけません。切るわきが手術と違ってアポクリン腺をただ、固めているだけなので、完全に治すことはできず、効果がなくなれば再発する可能性があります。