デリケートゾーンが臭い、あそこが臭いなど自分で薄々感じている、または彼氏にあそこの匂いを指摘されたことがある場合は、すそわきがの可能性が出てきます。すそわきがの特徴や原因についてまとめてみましたので、チェックしてみてください。

すそわきがの特徴についてどういったわきがなの?

すそわきがってどういったわきがなのでしょうか?人間の体には、汗が分泌される、エクリン汗腺とアポクリン汗腺と呼ばれる2つに汗腺があります。

わきがの原因となる汗腺は、エクリン汗腺ではなく、アポクリン汗腺から分泌される分泌物や皮脂が原因です。アポクリン汗腺が分泌される分泌物+皮脂が皮膚にある「常在菌」と混ざりあうことによって、わきが独特の匂いが発生することが「わきが」です。

また、わきがの原因であるアポクリン汗腺は、脇いがいの 部位にも陰部、乳輪にも存在します。乳輪周りがわきがの匂いの場合ちちわきがとも呼ばれており、陰部がわきがのような匂いする場合「すそわきが」と呼ばれております。

すそわきがっていったい何が原因なの?

すそわきがの原因は、大きく分け2つあります。

すそわきがの原因その①:遺伝要素

わきがは遺伝要因が強いと言われております。わきがの原因となるアポクリン線の数は遺伝によって多い、少ないが変わってくると言われております。

もし、片親がわきがの場合わきがが遺伝する確率は約50%と言われており、両親がわきがの場合、約80%の確率でわきがが遺伝すると言われております。

片方の親がワキガの場合、その子どもにワキガが遺伝する確率は50%、両親がワキガの場合には80%もの確率でワキガになります。なぜそんなにも高確率で遺伝するのかというと、ワキガは「優性遺伝」するからです。

引用元:ワキガって遺伝するの?|メンズスキンケア大学

もし身近にわきがの方がいる場合、自分がわきがかもしれないと疑ってみるようにしましょう。

すそわきがの原因その②:食べ物が関係している

すそわきがは遺伝要素以外にももう一つ食べ物が関係していると言われております。お肉などの動物性タンパク質などの脂質が多い食べ物ばかり食べている方は要注意が必要です。

なぜ、脂質の多い食べ物を食べるとわきがの原因になるのかというと、脂質の多い食べ物を食べると、アポクリン汗腺の働きが活発になってしまうからです。

ワキガの匂いを悪化させないためにも、脂質の多い高カロリーの食事には気をつけるようにしましょう。

すそわきがはどうやって対策をしていけばいいのか?

すそわきがの匂い対策はいったいどうやって対策をしていけばよろしいのでしょうか?すそわきがの匂い対策はいくつかあります。

アポクリン汗腺を少し取り除く手術をする方法や匂い対策だけなら、すそわきがのデオドラントクリームで対策をするなどの方法があります。

すそわきがの匂いや菌を殺菌するだけなら、デオドラントクリームで対策をするだけでも十分ですが、ずっとデオドラントクリームを買わないといけない、毎日塗らないといけないというコストと手間がかかってしまいます。

手術の場合も、アポクリン汗腺を取り除いても再発してしまう可能性がありますので、どちらの対策もメリット、デメリットがあります。手軽に試せるのがデオドラント対策なので、とりあえず匂い対策から始めて見たいという方は、デオドラント対策から始めてみてはいかがでしょうか?