陰部(デリケートゾーン)の匂いは誰もが気になることです。陰部の清潔を保つことで匂いは軽減することは可能です。陰部の清潔を保つにはいくつかのポイントがあります。匂いが気になる方、陰部の清潔を保ちたい方は参考にしてくださいね。

陰部の清潔を保つためのポイント

陰部の清潔を保つためのポイント①:脱毛

陰部(デリケートゾーン)のムダ毛処理はしっかりしているでしょうか?手入れをせずムダ毛ボーボーになっていないでしょうか?皮膚の表面についている最近を取り除くためにムダ毛処理(脱毛)をすることは有効的です。

脱毛サロンできれいに脱毛をするのが、理想的ですが、脱毛サロンが近くにない、脱毛サロンに行きたくないなどの事情が人それぞれあると思います。

陰部の毛をカミソリで根本からきれいに剃るのが効果的。全部なくすのに少し抵抗がある方は、蒸れない程度にきれいに整えるようにしましょう。カミソリ以外に毛抜きで処理する方法もありますが、毛抜きは皮膚にダメージが大きいので、毛抜きよりはカミソリで脱毛を!

家で脱毛をする場合、カミソリor毛抜きなどがありますが、脱毛クリームなどでも可能です。安い脱毛クリームは皮膚にダメージがある可能性が出てきますので、皮膚に優しく作られている脱毛クリームを選ぶようにしましょう。

陰部を清潔に保つためのポイント②:優しい石鹸で洗う

デリケートゾーンを洗っているボディーソープ(石鹸)選びは非常に重要です。最近では、デリケートゾーン専用のボディーソープも人気になっているぐらいです。

普段使っている石鹸と比べて、デリケートゾーン専用のボディーソープは少しお値段が高くなってしまいますが、使ってみる価値はあります。アンボーテ、ジャムウソープなどなどがありますので、デリケートゾーンのケアを本格的にされる方は検討してみてはいかがでしょうか?

陰部を清潔に保つためのポイント③:生理食塩水で洗う

生理食塩水で陰部や脇を洗うことで、匂い対策ができるってご存知でしょうか?デリケートゾーン専用のボディーソープで洗うのが一番ですが、こういった方法もある程度に見ていただければいいなと思います。

肌には、「常在菌」が存在します。この常在菌は、生理食塩水が効果的と言われているのです。使う生理食塩水は市販されているもので大丈夫です。生理食塩水で、匂いの気になる部位を拭き取るといった方法です。

ちょっと手間がかかってしまいますが、生理食塩水をコットンに浸して、持ち歩いて汗をかいて匂いが気になる…といった時に、生理食塩水コットンで拭き取るといいでしょう。

陰部を清潔にして少しでも匂いを軽減するようにしましょう!

陰部の清潔を保つことで、匂いを軽減することは可能です。デリケートゾーンのことを考えて作られたボディーソープを使ったり、こまめに汗ふきシートなどで拭き取ったり、脱毛をして少しでも、菌の繁殖を防いだり清潔を保つためにすることはたくさんあります。

デリケートゾーンがかゆい、匂いが気になる方は、陰部の清潔を意識してみてはいかがでしょうか?